エステ脱毛の成功例と失敗例

プロの脱毛は、二極化しています。

一つは安価でコスパ重視型のエステ脱毛、もう一つはエステ脱毛より若干高額になるクリニック脱毛です。

前者は、一時高額でハードルが高く思えた、東京イセアクリニックなどのエステティックサロンでの脱毛です。

最近は競争激化により、価格下降状態にあります。

最初のスタート時には、体験脱毛無料とか、安価なキャンペーンなどを利用すると、思ったよりずっと安く施術を受けることができるのが魅力です。

同時に、クリニックのケアと違う器械を使用した脱毛になるため、痛みがなく、施術が受けやすいという傾向にあります。

デメリットは最初安価に感じたコストも、長期ケアになってくると、必ずしも安価とは言えない金額になってしまうことがあります。

また、施術に際して高額なコスメの営業があったり、別の全身コースを勧められたりというような営業スタイルで、高額の契約をしてしまうというケースもあるそうです。

エステでの脱毛ケアは、脱毛させるところまで強い出力の器械の使用を、法律で認められていないため、脱毛というよりは、毛を薄くする程度のケアに落ち着きがちだからです。

同様に、毛が濃い人には効かないというようなケースもあります。

また、肌にトラブルが出たり、やけど状態になったりした場合、皮膚科ベースではない美容院スタイルのエステでは、皮膚トラブルのケアをしてもらうことができません。

エステの数回の安価なケアで、上手に減毛して、後々の自己処理が楽になったというのが、エステ脱毛の成功例と言えるかもしれません。

Comments are closed.